読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

VRに関するメモ&まとめ

主にVRメモ&まとめのブログ。 Google+で「VR 一般ユーザ/予備軍の会」コミュニティを開設してみました。VRコンソーシアム会員。

【VR以外含む】2100年の科学ライフ<エネルギーの未来(序章〜近未来〜世紀の半ば〜遠い未来)>

 

「2100年の科学ライフ」で、特に印象的だった内容をメモするシリーズです。 

 

<エネルギーの未来(序章〜近未来〜世紀の半ば〜遠い未来)>

 

・平均的に見て、石油価格は長期にわたり上昇し続ける?

 エネルギー価格が上昇すると、世界の食料の供給や環境汚染の抑制を圧迫する

・中国とインドで中流階級が台頭し、大きな人口変化となり、

 石油価格や商品価格が押し上げられる

 

<過去主流エネルギー予測>

ヘンリー・フォード 石炭→油

・トマス・エジソン 石炭→電気

 

・突き詰めれば、すべてのエネルギーは太陽(恒星)に由来する

 

・常温超伝導体・・・宇宙探査機がわずか数リットルで冥王星より遠くまで

          飛んでいける

・セラミック超伝導体・・・摂氏マイナス135度で超伝導

             セラミックを冷やすのは液体窒素

             液体窒素は牛乳と変わらないほど安い

             しかしなぜセラミックが超伝導体になるのか不明

 

発電所で作られる電気の30%が送電中に失われる

 →常温超伝導体電線なら失われない

・マイスナー効果・・・魔法のように磁石が宙に浮く

リニアモーターカー(磁気浮上式列車)

 →ドイツと日本強い

超伝導体の道路の上で浮かんで摩擦を起こさない

・高度が高いと空気抵抗が小さい

 →真空に近くなるから

 ・温室効果ガスの2%はジェット機

 

・宇宙太陽光発電SSP

  エネルギーをマイクロ波放射で地球へ送る

  人工衛星1個で50〜100億ワットの発電

  人工衛星・・・1.5kmの巨大なもの

         費用は原子力発電所のほぼ1基(10億ドル)

  50〜100億ワット・・・石炭発電所をはるかに上回る

  2009年、日本 宇宙発電衛星システム調査計画 発表

  費用 現在の1/100まで減らす必要がある

  ロケット打ち上げのコストを下げないとダメ

 

 

books.google.co.jp

 

 

------------------
VRに関するコミュニティを作りました。

ご興味がおありの方は、ぜひ覗いてみてください。

plus.google.com