読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

VRに関するメモ&まとめ

主にVRメモ&まとめのブログ。 Google+で「VR 一般ユーザ/予備軍の会」コミュニティを開設してみました。VRコンソーシアム会員。

【VR以外含む】2100年の科学ライフ<はじめに>

 

「2100年の科学ライフ」で、特に印象的だった内容をメモするシリーズです。

 

<はじめに>

 

・未来を理解する上で重要なのは、自然の基本的な法則をつかみ、それを発明やマシンや治療法へ応用して、はるか遠い未来の文明の特徴をより明確にすること。

・科学者でありながら、未来を語る本を書いている点で本書はめずらしい。

・世界でもトップクラスの科学者や思想家・夢想家300人以上にインタビューした内容を元にして著されている。

レオナルド・ダ・ヴィンチは、当時の進歩的な考えを持つ何人かに助言を求め、未来への深い洞察を得た。いつでも実験し、物を作り、設計図を書いた。

・ジュール・ヴェンヌは「20世紀のパリ」及び「月世界旅行」で驚くほどの正確さで100年予測をした。科学者を見つけては質問を浴びせていた。

・本書も似たようなやり方をしている。

・未来についての予言は、上記のようなわずかな例外を除けば、常にテクノロジーの進歩ペースを過小評価している。

・歴史を残すのは楽観論者であって、悲観論者ではない。

・本書で触れる科学的発展の内容は、これまで知られている物理法則※と矛盾しない。

・2100年までに我々は、かつて恐れ敬っていた神々のようになるべく運命付けられている(宗教的な意味ではなく、テクノロジーの進歩で実現しうる世界の比喩)

・考え方の基礎としては量子論が土台となる

 コンピュータ →心の力で物を操れるようになる

 ナノテクノロジー →何もないところから何かが生み出せるようになる

 人工知能 →ものに知能を持たせられる

 バイオテクノロジー →完璧な体を作れる

・現代のテクノロジーと原始的な祖先の葛藤があるところでは、原始の欲求が勝つ

 →穴居人の原理

・未来の人々の社会的欲求を予測したければ、10万年前の社会的交流を考え、10億倍すればいい

 →噂、ゴシップ、ソーシャルネットワーク、娯楽

・娯楽・・・部族内での自分の地位を確立するためにも重要だった。異性への健康誇示表現

・芸術の創造は、娯楽のためになっただけでなく、大半の情報を記号的に扱う我々の脳の進化において、重要な役割を果たした。

 

※その他メモ

・自然界の4つの力と基本法

1. 重力・・・アイザック・ニュートン 

 →蒸気機関・機関車 →産業革命

 →一般相対性理論

2. 電磁力・・・トーマス・エジソン、マイケル・ファラデー、ジェームズ・クラーク・マクスウェル

 →電化製品 →電子の革命

 →量子論

3. 弱い核力・・・アインシュタイン

4. 強い核力・・・アインシュタイン

 →核兵器など

 

books.google.co.jp

 

 

------------------
VRに関するコミュニティを作りました。

ご興味がおありの方は、ぜひ覗いてみてください。

plus.google.com