読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

VRに関するメモ&まとめ

主にVRメモ&まとめのブログ。 Google+で「VR 一般ユーザ/予備軍の会」コミュニティを開設してみました。VRコンソーシアム会員。

【感想・レポート】VRDG+H <VR×アート> @DMM VR THEATER

 

4/30(土)に、「VRDG+H」というイベントを鑑賞しました。

芸術表現に新しい技術的発明を活用する、いわばメディアアートというジャンルのようです。

natalie.mu

 

会場はなんと、あの「DMM VR THEATER」。

下記の記事メモでも書きましたが、

私がVRに興味を持つきっかけにもなったホログラフィック劇場です。

sho-vr.hatenablog.com

 

見ていただいた方がわかると思いますが、

今回のVRDG+Hという企画は、

音楽とホログラフィックを組み合わせて表現するというもので

#1に続き、2回目のイベントとのことです。

 

<参考:#1の時の映像>

 

私としても初体験のジャンルではありましたが、

正直、衝撃はありました。

 

専門的な解説は下記の記事にお任せさせていただきまして、

私からは素人感想を綴らせていただきます。

 

<下記の記事が私の感想よりも参考になります(#1のときのレポートのようです)>

www.barks.jp

 

個人的には、「これがホログラフィックか、すげぇ・・」という

非常に陳腐な感想がまずありました。

 

舞台なんかだと、劇団の方がよく小道具をシーンごとに入れ替えて舞台を作りますよね?

もうその必要はなくなるのだろうなというほど、

一瞬で世界がホログラフィックにより構築されました。

(左右の銅像はホログラフィックです)

f:id:shoshosho112:20160501094327j:plain

 

なんかいきなりライブコーディング始める方がいらっしゃったりと、

独特なパフォーマンスが次々と演出されました。

 

中でも、個人的には「意志を持つマネキン「RiRi(リリ)」と「LuLa (ルラ)」からなるダンス・デュオ””FEMM”、およびLil' Fang(FAKY)、Yup'inと映像作家のDaihei Shibataの3組によるコラボパフォーマンスが最も惹きつけられました。

 

<なんだか、ダンスダンスレボリューションを見ているよう> 

f:id:shoshosho112:20160501095217j:plain

 

ライブではこの曲などの数曲が披露されました。

(下記はMusic Videoですが、ライブでは飛び出す絵本的な、デジタルな演出がすごかったです)

 

以上、今回のレポートでした。

 

またDMM VR THEATER行ってみたいですね。

f:id:shoshosho112:20160501100740j:plain

------------------
VRに関するコミュニティを作りました。

ご興味がおありの方は、ぜひ覗いてみてください。

plus.google.com